図書館がお休みの間に、自分の本棚の本を読み返しています。
内容は覚えているつもりでも、実際読み返してみると随分印象が変わっていることに気づきます。

ここしばらくのソマティカのブログ記事は「本当の自分自身を見つめましょう」ということを繰り返し書いてきたように思います。
それはこれを読んでくださっている方々に発信すると同時に、自分に向けた言葉でもありました。
今のこの世界が立ち止まることを求められる時期になる少し前から、立ち止まる必要性を個人として感じていました。
振り返ってみれば、ここ数年の中川個人の環境の変化は目まぐるしいものでした。
その変化に順応する目的もあり、そして何より身を守るための鎧の下にある本来の自分自身の姿を知り、そこへ近づいていくために知識を蓄え実践し、ものの見方・捉え方の癖を修正したり枠組みごと取り替えるなど内的な作業を繰り返していました。
このモノの見方・捉え方の癖というのは認知の歪み、モノの捉え方の枠組み(ルールや価値観など)は「スキーマ」といいます。
認知の歪みやスキーマというものは誰しもが持っています。個人の価値観の基準や個性と言われるものに関係していきます。
それらが生きていく上で何も問題がなければいいのですが時折、人間関係の摩擦や生きづらさを生む原因にもなってしまいます。
セラピストを生業とする手前、この認知の歪みや不適切なスキーマの修正は必要不可欠な「宿題」の一つです。
そしてそんな変化の時期を超え、今は心身に栄養を蓄えながら訪れるものをゆるやかに感じる時期にすることにしました。

その時に読んでいた本を久しぶりに開いてみると、内容はすっかり忘れていて初めて読んだかのように思う本もありましたが、その本に書かれていたモノの見方・捉え方の癖を直していく方法など、今の自分が日頃実践しているものであったりして驚きました。
忘れたと思っていても、記憶の奥に蓄えられていたのでしょうか。
きっとそうでもあるでしょうし、同じ分野の本には似たようなことが書いてあるのでそれらを繰り返し読むうちに覚えてしまった可能性もあります。
しかし、本を持ち歩いてその都度開いて確認しながら実践をしたわけではないのにしっかり実践できていたということを知った時、身体に喜びと感謝の気持ちが湧いてくるのを感じました。
その方法を直接の言葉や知識以外のもので教えてくれていたのは、今自分の目の前にいる人たちでした。

少し前になりますが、先月ZOOMで瞑想の誘導の配信をさせていただきました。
様々な行動が制限されている今、人と人との触れ合いや関わりあいで分泌されるといわれる神経伝達物質、オキシトシンおいてはセロトニンの分泌量が減少し、身体の免疫機能や安心感や充足感が低下し、替わって競争心や焦り、恐怖心などの感情が昂りやすくなることで、ストレスに対して弱くなる傾向があるということを少しお話しさせていただきました。
瞑想をすることによって、そのような環境でもオキシトシンの分泌を促し安心感を感じていただきたいというのが企画の主旨でした。

人は人との温かく安心と安全を感じる関わりの中でゆるやかにそして自然に変化することができます。ひとりでも変化をすることはできますが、それは苦痛と偏りのリスクを伴います。
以前、臨床心理士でもある僧侶の方の法話の中で
「人が人生の中で生まれ変わるということは、一度死んでもう一度生まれることと同じこと」
と仰っていました。
とても説得力のあるお話で、それから以降中川は人に対して変化を望むのをやめました。
意識した力任せな変化は大変なエネルギーを必要とします。それが必要な時もありますが、他人である自分が人にそれを求めることは無責任だと感じました。
一方、人との関わりの中で自然と心地よい方へ順応する変化であればそれほどの消耗を伴わずに済むでしょう。

もし自分のネガティブな気持ちを軽くしたいと思うのであれば、手始めに人との会話のやり取りの中でネガティブな言葉をポジティブな言葉に聞こえるよう入れ替えるところから始めるのがおすすめです。
例えば「挑戦したい。でも挑戦できない」を「挑戦できない。でも挑戦したい」。
文章を前後入れ替えただけですが、後者の方がポジティブな印象を受けます。
その言葉を聞いた相手の方もポジティブな言葉を返すでしょう。
人間関係は相互作用です。
ネガティブな言葉や気持ちには同じようなものが返ってきたり集まってきたりします。
そうすると段々と普段うまくいっていたことでもうまく行かなくなったり、負の変化が現れます。
ポジティブな言葉や気持ちには同じくポジティブな気持ちや言葉、出来事が集まってきます。

そしていつでも忘れないでいて欲しいことは、本当のあなたはあなたのままで完全であるということです。
欠点や困ったと感じるところなどは、満月を少し欠けたように見えさせる雲や太陽の影のようなものです。
それらはあなた自身を損なうことはできません。

はじめ、温かい光は自分にとって強すぎる刺激に感じ居心地の悪さを感じるかもしれません。
しかし、手を伸ばし続けることによって、いつの間にか自分自身が光の中にいることにある日突然気づくのです。
安心で安全な光の中にいることに気づいたら、深く深呼吸をしてみてください。
まるで毛穴から呼吸をするように開いて五感を開放してみてください。

変化や判断しなければならない状況に直面する方もこれから多いかと思います。
ですが、変化の風はその必要があったり準備ができている時に吹くような気がします。
ですので、不安はあると思いますが怖がらなくて大丈夫です。その風に身を任せてみましょう。
きっと今よりありのままの自分でいられる素敵なところへ運んでくれますよ。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
Total therapy salon SOMATTICA(トータルセラピーサロン ソマティカ)
静岡県静岡市駿河区中田1丁目2-16 2F
駐車場:1台完備
営業時間 11:00~21:00(最終受付19:00)
月曜定休
ご予約はこちらより承っております
https://www.somattica.com
オンライン予約(前日までのご予約受付)
https://reserva.be/somattica
お電話
090-6292-5033
施術中は電話に出られませんので留守番電話へ伝言をお残しくださいませ
お二人様での事前ご予約も承っております
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
?Gg[???ubN}[N??